日本語編集

連語編集

常軌する(じょうきをいっする)

  1. 普通ないし正常ではない言動をとる。
    • 彼は今日の忠直卿の常軌を逸したとも思われる振舞いについて、微かながら杞憂を懐く一人であった。(菊池寛忠直卿行状記』)