日本語編集

名詞編集

恒等写像(こうとうしゃぞう)

  1. (数学)始域終域が同一で、入力をそのまま出力として返す写像。ある集合 X任意要素 xX に対して、 xX を返す写像 f: XX

用法編集

恒等写像を表す記号には、id や 1 が使われる。集合 A に対する恒等写像を idA や 1A と表す。

類義語編集

関連語編集

翻訳編集