日本語編集

語源編集

  • 古くは「珍事」と書かれたが、江戸時代末期から「椿事」という書きかたが生まれた。池上禎造によると、中国白話小説の「這樁事」の「」(助数詞)の誤読にもとづくかという[1]

名詞編集

椿 ちんじ

  1. 思いがけない出来事。珍事に同じ。

脚注編集

  1. 池上禎造『漢語研究の構想』、岩波書店、1984年、121頁以下