日本語編集

ことわざ編集

海老釣る(えびでたいをつる 表記のゆれ:「海老」に替え「」)

  1. (高価なタイを安いエビで釣るところから)少量元手わずか労力大きな利益得ること。
    • 無意識ではあつたが、もし、私が自分の心の中にもつと頭を突つ込んで、蚤取り眼で詮索したならば、「僕は決して君たちを軽蔑しないよ。だから君たちは僕を尊敬しなければならんぢやないか」と云ふ風な商取引きのやうな心理がなかつた、とは云へないのだ。いや、こんな心が、きつと、どこかにあつたのだらう、と私は思ふ。もしあつたとすれば、それはもう、蝦で鯛を釣るやうなものではないか。(葉山嘉樹 『万福追想』)

関連語編集