日本語編集

名詞編集

(だくてん)

  1. 日本語濁音を表す時に仮名の右上に書いて使う符号」。濁音符とも。

起源編集

  • 古代日本語では、濁音は意識されなかったが、仏典漢籍の流入に伴い、読み下しの必要のための記号として用いられた。10世紀には、その機能を有する記号が現れ、現在の形となるのは、鎌倉時代以降。