日本語編集

名詞編集

炭素(たんそこう)

  1. 主要な合金元素として炭素のみを含む
    • 工作機械の主要材料は鉱材として鉱鉄材、合金鋳材、鋼材として炭素鋼、特殊鋼であるが、ニッケル、クローム、バナヂウム等を原料とする特殊鋼の入手が可なり困難のようである(中外商業新報「激動下の事業会社」)〔1940年〕[1]

用法編集

  • 「炭素鋼」の中でも含有される炭素量が多いものを「高炭素鋼」、少ないものを「低炭素鋼」と呼ぶ。
    • LD転炉では、純度の高い酸素を吹き込んで鋼を精錬するので、普通の銑鉄が使用できる上に、りんや酸素の含有量の少ない良質の鋼が得られる。最近では、高炭素鋼、低合金鋼などの製造も可能となつた。(科学技術庁「昭和45年版科学技術白書」)〔1970年〕[2]
    • 低炭素鋼などの基本鋼を中心に現在500種類のデータが登録されており、今後はアルミニウムなど鉄系以外にも広げていく。(経済産業省「2015年版ものづくり白書」)〔2015年〕[3]

対義語編集

類義語編集

翻訳編集

編集

  1. 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 会社(11-001)「中外商業新報 1940.6.13-1940.7.18 (昭和15)」 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=10032866&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1&LANG=JA
  2. 『昭和45年版科学技術白書』「第1部2章1節: 発展形態からみた技術の動向 」(文部科学省ホームページ)政府標準利用規約(第2.0版)公開 https://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2015/honbun_html/010103.html 2019年10月20日参照。
  3. 『2015年版ものづくり白書』「第1部1章3節:製造業の新たな展開と将来像」(経済産業省ホームページ)政府標準利用規約(第2.0版)公開 https://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2015/honbun_html/010103.html 2019年10月20日参照。