「うとい」の版間の差分

'''うとい'''【[[疎]]い】
#[[事情]]を[[しる|知ら]]ない。[[無知]]な様子。
#:*政治的実際に'''疎い'''のは事実だったが、植民政策も土着の人間を愛することから始めよ、という自分の考が間違っているとは、どうしても思えなかった。([[w:中島敦|中島敦]]『光と風と夢』)
#:*とかく招かれざる客といふものは、その訪問先の主人の、こんな憎悪感に気附く事はなはだ'''疎い'''ものである。([[w:太宰治|太宰治]]『お伽草紙』)
#[[こころ|心]]が通っておらず、互いに[[とおざかる|遠ざかって]]いる。[[心理]]的[[距離]]が[[とおい|遠い]]。
#[[まれ]]な。起こりづらい。
#:*この家も世間どおりに、女部屋は、日あたりに'''疎い'''北の屋にあった。([[w:折口信夫|折口信夫]]『死者の書』)
 
===={{rel}}====
86,910

回編集