「省」の版間の差分

| [[:w:四声|上声]] || 静韻 || 梗韻 || xĭng || セイ || (シャウ) || 성 ||
|-
! [[#B: 動詞{{verb}}|B]]
| rowspan="2" | 上声 || rowspan="2" colspan="2" | 梗韻 || rowspan="2" | shěng || rowspan="2" | (セイ) || rowspan="2" | シャウ || 생 ||
|-
! [[#C: 名詞{{noun}}|C]]
| 성 || tỉnh
|}
(括弧内は『広韻』、外は『平水韻』に従う。一致する場合括弧は記さず。)
====A: 上声梗(静)韻====
=====動詞 {{verb}} =====
#よく[[みる]]。
#:「[[省察]]」
#:「退而'''省'''<sub>二</sub>其私<sub>一</sub>、」(退きて其の{{ふりがな|私|わたくし}}を'''省'''<sup>(せい)</sup>するに、)
#::([[:w:顔回|顔回]]が)引き下がってから(わたしが)彼の私生活を''よくみ''と、<span style="font-size:smaller;">([[:s:zh:論語/為政第二|『論語』「爲政第二」]]【二之九】)</span>
#:::「省」字を「{{おくりがな2|省|||みる}}」と訓読する流儀もある。
#<span id="kaerimiru">'''[[かえりみる]]'''</span>。振り返る。
#:「[[反省]]」、「[[自省]]」、「[[内省]]」、「{{ふりがな|[[三省]]|さんせい}}」<!-- 読み方によって意味がことなる -->
#:「吾日三省<sub>二</sub>吾身<sub>一</sub>」({{ふりがな|吾|われ}}日に三つ{{おくりがな2|吾|わ|が|わが}}身を{{おくりがな2|省|かへり|みる|かへりみる}}。)
#::私は毎日三つのことについて自分自身を''ふりかえる''ことにしている。<span style="font-size:smaller;">([[:zh:s:論語/學而第一|『論語』「學而第一」]]【一之四】)</span>
#::<span style="font-size:smaller;">([[:w:朱子|新註]]による解釈。これに対して日本における伝統的な解釈による書き下しについては[[三省]]の項目をご覧ください。なお、送りがなは「みる」でも「る」のみでも可い。)</span>
#:「瞻<sub>レ</sub>彼'''省'''<sub>レ</sub>己、此理必定。」(彼を{{おくりがな2|瞻|み||みる}}て己を{{おくりがな2|省|かへり|みる|かへりみる}}に、此の理[[必定]]なり。)
#::他人を見上げて(以上のことを観察したあとで)自分自身を''振り返''(って観察す)ると、このようなことが(自分にも)必ず起こる(ことに気づいた)。<span style="font-size:smaller;">([[:w:最澄|最澄]]『願文<sup>(ぐゎんもん)</sup>』)</span>
#訪れる。親の安否を夕方にたずねる。(朝にたずねるのを'''[[定]]'''という。)
#:「[[帰省]]」、「[[定省]]」
 
====BC: 上声梗韻====
=====B: 動詞{{verb}} =====
 
#<span id="habuku">'''[[はぶく]]'''</span>。
#:「[[省略]]」
#:「約者法令'''省'''而不<sub>レ</sub>煩。」(約は法令{{おくりがな2|省|はぶ|き|はぶく}}て{{おくりがな2|煩|わづら|はしから|わづらはし}}ず。)
#::(司令官として五番目に大切な)約とは法令が(細かいことを)''省略して''煩雑でないことである。<span style="font-size:smaller;">([[:zh:s:吳子|『吳子』]]「論將第四」)</span>
=====C: 名詞{{noun}} =====
#([[w:律令|律令]]及び[[日本]]・[[朝鮮民主主義人民共和国|朝鮮]][[w:行政組織法|行政組織法]]において)[[仕事]]を行う[[国家機関]]。その名は「~省」と名付けられる。なお、日本・朝鮮の「省」にあたるものを、[[中国]]、[[シンガポール]]、[[韓国]]、[[ベトナム]]では「'''[[部]]'''」という。
#:「[[w:尚書省|尚書省]]」、「[[:w:文部科学省|文部科学省]]」、「[[:w:厚生労働省|厚生労働省]]」、「[[:w:ko:조선민주주의인민공화국 재정성|財政省]]」など
匿名利用者