「仮借」の版間の差分

移動に伴う修正。語義の修正・追加など
(Usagiuma がページ「仮借文字」を「仮借」に移動しました: 六書の名称としては「仮借」のほうが適切と思われるため移動します。)
(移動に伴う修正。語義の修正・追加など)
{{DEFAULTSORT:かしやもし かしゃもじ 仮借文字}}
{{wikipedia}}
=={{jpn}}==
[[Category:{{jpn}}]]
 
==={{noun}}:見逃す===
[[Category:{{jpn}} {{noun}}]]
[[Category:{{jpn}} {{noun}} サ変動詞]]
{{jachar|仮|借|文|字}} ([[仮借]][[文字]] かしゃもじ)く]])
# [[漢字]]の造字法のひとつで、ある漢字を同音の別の意味を有するものに当てはめて用いたもの。[[六書]]のひとつ。
# (サ変)(打消しの語を伴うことが多い)[[つみ|罪]]や[[過誤]]などを[[みのがす|見逃す]]こと。[[ゆるす|許す]]こと。
#*「[[我]]」は元は「のこぎり」の象形文字で、そのような刃物を意味したが、後に、音が通ずる「[[われ]]」の意味に用いられるようになった。
#: '''仮借'''なく責める。
==={{verb}}===
{{inf-ja||サ|変|仮借|する}}
 
==={{noun}}:六書の一つ===
[[Category:{{jpn}} {{noun}}]]
{{jachar|仮|借}}([[かしゃ]]・[[かしゃく]]<ref>通常の読みは「かしゃ」。多くの国語辞典でも「かしゃ」を主見出しとしている。</ref>)
# [[漢字]]の字法のひとつで、ある漢字を[[同音]]の別の[[意味を有するもの]]当てはめて用いたものること。[[六書]]のひとつ。
#*「[[我]]」は元は「のこぎり」をかたどった[[象形文字]]、そのような刃物を意味したある、後に、音が通ずる「[[われ]]」の意味に用いられるようになった
===={{rel}}====
* 他の[[六書]]: [[象形文字]], [[指事文字]], [[会意文字]], [[形声文字]], [[転注文字]]
* [[会意形声文字]]
 
===脚注===
<references />
1,425

回編集