日本語編集

名詞編集

かむかぜかみかぜしんぷう

  1. 神が吹かせた風。
  2. 1.のうち、元寇の時に日本に吹いた大風。二度の戦闘のいずれにも吹き、蒙古軍が敗退した。
  3. (しんぷう、かみかぜ) 神風特別攻撃隊の略[1]
  4. (かみかぜ) 神風タクシーの略。

語源編集

が起こしたから。

翻訳編集

脚注編集

  1. 両方の言い方がみられる。国史大辞典(吉川弘文館)では見出し語は「かみかぜ」本文は「しんぷう」である。