サンスクリット編集

 
भूर्जाः

語源編集

印欧祖語 *bʰerHǵ-[1]。なお、この印欧祖語の語根は *bʰrh₁ǵ-(cf. サンスクリット भ्राजते (bhrā́jate)〈輝く〉(< भ्राज् (√bhrāj)))と同一であるとも考えられる[1]リトアニア語 béržasロシア語 берёза (berjóza) と同源。

名詞編集

भूर्ज (bhūrjá-) 男性

  1. カバノキ科カバノキ属高木ヒマラヤカンバ (wp)Betula utilis subsp. utilis; シノニム: B. bhojpattra)。俗語では bhoj や bhojpatr と呼ばれ、樹皮भूर्जपत्र 中性 (bhūrjapatra-))は筆記用のなどとして用いられる[2]

格変化編集

類義語編集

派生語編集

固有名詞:

諸言語への影響編集

脚注編集

  1. 1.0 1.1 Derksen, Rick (2008). Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, p. 38. ISBN 978 90 04 15504 6
  2. Haughton, Graves C. (1833). “ভূর্জ্জ”. A Dictionary, Bengálí and Sanskrit, Explained in English, and Adapted for Students of Either Language. London: J. L. Cox & Son. p. 2177. https://archive.org/details/dictionarybengal1687haug/page/n1129/mode/2up. 

マラーティー語編集

語源編集

サンスクリット भूर्ज (bhūrjá-) の借用[1]。さらに遡れば 印欧祖語 *bʰerHǵ- に行き着く。

名詞編集

भूर्ज (bhūrja) 男性

  1. B,hój や B,hój patr と呼ばれる白樺の仲間の[1]

関連語編集

名詞:

脚注編集