日本語編集

名詞編集

(しゅってん)

  1. ある表現情報でどころ
    • この種の本の読者として、私は謂わば最も初歩者の一人である。それ故、引用されている多くの古典についても批評を加える力は持っていないが、著者が忠実にその出典を明らかにしている態度には、親切さを感じた。(宮本百合子「新島繁著『社会運動思想史』書評」)〔1937年〕[1]
    • 野中兼山が「椋鳥には千羽に一羽の毒がある」と教えたことを数年前にかいた随筆中に引用しておいたら、近ごろその出典について日本橋区のある女学校の先生から問い合わせの手紙が来た。しかしこの話は子供のころから父にたびたび聞かされただけで典拠については何も知らない。(寺田寅彦「藤棚の陰から」)〔1934年〕[2]
    • あなたは、伊太利でよく使われる、こういう文句を御存じですか。「銀行が湖水を潰すか、湖水が銀行を潰すか」と言うのです。ベニイが、この出典に、幾らかの関係を持っています。(谷譲次「踊る地平線」)〔1929年〕[3]

類義語編集

翻訳編集

編集

  1. 青空文庫(2003年5月26日作成)(底本:「宮本百合子全集 第十四巻」新日本出版社、1986年3月20日第5刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3172_10827.html 2019年10月8日参照。
  2. 青空文庫(2003年4月9日作成)(底本:「寺田寅彦随筆集 第四巻」小宮豊隆編、岩波文庫、岩波書店、1997年6月13日第65刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2495_9722.html 2019年10月8日参照。
  3. 青空文庫(2002年12月9日作成)(底本:「踊る地平線(下)」岩波文庫、岩波書店、1999年11月16日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000272/files/4374_8026.html 2019年10月8日参照。