日本語編集

成句編集

同類ドウルイあいあわれむ

  1. 同じような、苦しい境遇にある者同士は、たがいに親近感を覚えるものである。
    • 高柳君は昔しの関係を残りなく打ち開けて、一刻も早く同類相憐れむ間柄になりたい。(夏目漱石『野分』)

同義句編集