日本語編集

語源編集

意味概念は、宗教学文化人類学などの用語としての magic から。 (「呪術」という語がいつ頃、どこで用いられるようになったかは不明。)

発音編集

  • (東京) じゅじゅつ [júꜜjùtsù] (頭高型 – [1])
  • IPA(?): [d͡ʑɨᵝʑɨᵝt͡sɨᵝ]

名詞編集

(じゅじゅつ)

  1. 特定の行為をすることによって、神霊神仏)、悪魔、または自然のうちに潜む神秘的な(不可思議な)力などの、人にはない力を有すると考えられるものに働きかけ、それらのものの力を介して、現実世界において具体的な結果を得ようとして行なう、そのような行為。宗教的な大がかりな行為から、習俗俗信のうちに存在するような個人的なちょっとした行為(いわゆる「おまじない」)までが含まれる。多くは自分や集団にとっての直接の利益となる結果を期待して行なうが、敵(個人または集団)に対して害を与えることを期待して行なうものもある。

類義語編集

関連語編集