日本語編集

慣用句編集

あっての(いのちあってのものだね)

  1. 生きていてこそ様々な事もできるが、死んでしまえば何にもならない。命が何よりも大切であるということ。「物種」は物のもととなるもの、物事の根元の意。

類義語編集