日本語編集

名詞編集

(むごん)

  1. 言わないこと。
    • 高い土手の上に子守の小娘が二人と職人体の男が一人、無言で見物しているばかり、あたりには人影がない。(国木田独歩『窮死』)〔1939年〕
    • (どちらがさきに斃れるかなんて! 畜生!)まるでさう云ふ無言の抗議が聞こえてくるやうである。(原民喜『飢ゑ』

関連語編集

翻訳編集