「ふたたび」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{head|jpn|adverb|sort=ふたたひ}}【[[再]]び】
#もう[[一度]]。(否定文で)もう二度と。
#*和尚は朱筆に持ちかへて、その掌に花の字を書きつけ、あとは余念もなく'''再び'''写経に没頭した。(坂口安吾『閑山』)
#*彼らが舟を捨ててひとたびこの門を通過するやいなや娑婆の太陽は'''再び'''彼らを照らさなかった。(夏目漱石『倫敦塔』)
#二度。二度目。(書籍のタイトルなどで)[[続編]]として。
#*'''再び'''歌よみに与ふる書(正岡子規)
===={{pron|jpn}}====
;ふ↗たたび
10,063

回編集