「雰囲気」の版間の差分

用法
(用法)
#(語義1より比喩的に)その[[場]]の[[つくりだす|作り出す]][[気分]]。
#:いや、家庭に在る時ばかりでなく、私は人に接する時でも、心がどんなにつらくても、からだがどんなに苦しくても、ほとんど必死で、楽しい'''雰囲気'''を創る事に努力する。([[w:太宰治|太宰治]] 『桜桃』)
 
====用法====
*[[口頭]]や若者言葉では「ふいんき」とされることが多い([[誤用]])。さんざか→[[さざんか]]([[山茶花]])などと同様、「ん」と「い」が入れ替わったもの。
 
 
470

回編集