日本語編集

発音編集

名詞編集

しゅうえん

  1. 生命が終わりを迎えること。また、そのとき。臨終末期最期
    • そして死の二日前、二十八日のあけがた、先生は終焉の人がよく見せるあの小康を得て、文さんとやや長い話をして、最後に「じゃ、おれはもう死んじゃうよ」といわれたのだそうである。(中谷宇吉郎『露伴先生と神仙道』1951年)
  2. 物事の終わり。
    • 真の意味でのイデオロギーの終焉が今まさに訪れようとしているのだ。(太田健一『脳細胞日記』1989年)

動詞編集

活用

サ行変格活用
終焉-する