日本語編集

名詞・形容動詞編集

(ずじょう)

  1. あたまうえ空間
    • なぜなら、花びらの一ひらが落ちたとも思われぬ満開の花のふさが見はるかす頭上にひろがっているからでした。(坂口安吾 『桜の森の満開の下』)
  2. あたま、乃至その表面
    • あの時、私は頭上に微傷こそ負つたが、幸に命はあつた。(北原白秋 『竹林生活 ――震災手記断片――』)

関連語編集

翻訳編集