キクユ語編集

語源編集

動詞 gũthũa より[1]

発音(?)編集

  • IPA: /moèðó(w)ǎꜜ/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス10」で、他に同クラスの3音節語幹語には gĩting'ũrindigithũkĩĩgunyĩ などがある。
  • 〔キアンブ方言〕
    • 〔リムル方言〕湯川 (1981:95–6) によると孤立形は [mòìðóá] で、後ろに ũyũ〈この〉が続く場合は [mòìðóà òjó]、後ろに wakwa〈私の〉が続く場合も [mòìðóà wáákóá]、後ろに がある場合も [mòìðóà né] であるが、前に がある場合は [né mòìðóá] 、前に ti がある場合は [tì móíðóà] となるなど、前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによってアクセントの変動が見られる[2]。なお、ti の高さについてはリムル方言と同じくキアンブ方言に属するナイロビ方言を調査した湯川 (1985:199) で高いと訂正されている[3]。湯川 (1981) では mũithũa として mũthũmũcibimũkebegĩkabũ(複数: ikabũ)、njatagĩthiimũtheeihũa(複数: mahũa)、gĩcanũrindigithũithanwakang'aurũmwatũkakĩĩrurumwĩthũamũũhau(複数: mĩĩhau)、ndarathini〈果物の一種〉、Gĩgĩkũyũ などは同じアクセントの型に分類されている[2]

名詞編集

mwĩthũa クラス3(複数: mĩĩthũa

  1. 痒み

上位語編集

ことわざ編集

脚注編集

  1. "mwĩthũa" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 203. Oxford: Clarendon Press.
  2. 2.0 2.1 湯川, 恭敏キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」『アジア・アフリカ言語文化研究』第22巻、1981年、 75-123頁。
  3. 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.