日本語編集

名詞編集

わきみず(き)(き)水】

  1. 地下から自然湧き出る
    • さほど高くない崖の下に、池がありました。不規則な形の池で、広さは七十坪あまり、浅いところが多く、最も深いところでも人の胸ほどでした。/ 崖から少し湧き水があるので、自然に池の水が替わり、下手からちょろちょろ流れ出ていました。(豊島与志雄『崖下の池--近代説話--』1946年)

発音(?)編集

東京アクセント編集
わ↗きみず, わ↗き↘みず
京阪アクセント編集
↗わきみず

類義語編集