日本語編集

成句編集

(きゅうぎゅうのいちもう)

  1. 九頭の牛に紛れた毛を表わし、物の数にも入らないの意。

出典編集

司馬遷『報任少卿書』(『漢書司馬遷伝』『文選』所録)


【白文】

假令僕伏法受誅 若九牛亡一毛 與螻螘何異 而世又不與能死節者比

【訓読文】

假令僕の法に伏し誅を受くるも、九牛の一毛を亡なふが若し、螻螘となんぞ異なる。而して、世も又能く節に死せる者と比さず。

【現代語訳】

もしも、私が法に従って、罰せられたとしても、多くの牛の中から、一本の毛を失ったようなもので、虫けらみたいなものです。結局、世間も節を守って死んだものと比べもしないでしょう。

【解説】

司馬遷は、李陵を弁護したため武帝の怒りに触れ、宮刑に処された。司馬遷にとっては、死にも等しい恥辱であったが、世間は些事としか思っていないであろうと記したもの。

翻訳編集