日本語編集

名詞編集

信用取引 しんようとりひき)

  1. 株式、債券、為替、商品と言ったものを、契約時点において現物を保持しているか否かに関わらず、将来の一定期日において決済することを約する取引。取引の保証として、現金や小切手(委託保証金)を担保に証券会社などから借り入れて売買を行う。
  2. (会計用語)掛け取引。

翻訳編集