漢字編集

字源編集

  • 会意。「」+「(手)」。狩猟の成果として動物の耳を切断する風習[字源 1]に由来する字形。「とらえる」「つかまえる」を意味する漢語 /*tshoʔ/}を表す字。
    • 「戦争で敵(捕虜)の耳を戦果として集めたことに由来する」と説明されることがある[字源 2]が、この風習は後の時代の創作である。耳の切断は野獣に対する行為であり、人間に対して行われた記録はない。[字源 3]
   

 

 

 
甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 周礼』夏官・大司馬 「大獸公之、小禽私之、獲者取左耳。」
  2. 季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、209頁。
  3. 王鵬遠 「説“聝”」 復旦大学出土文献与古文字研究中心網、2022年8月6日。

関連字編集

」を音符とする形声文字 (諧声域=*TSO~*TSOT~*TSU)
精母 清母 從母 心母 精母 清母 從母 心母
一等 平声 侯韻 𣠏
(東韻:𥵫
上声 厚韻
去声 候韻
(送韻:𣀒𠏭
去声 泰韻 𨅎 𥳣 𥕸𣩡𥊴
入声 屋韻 入声 末韻 -
莊母 初母 崇母 生母 莊母 初母 崇母 生母
二等 平声 侯韻 - - - -
上声 厚韻 - (巧韻: - -
去声 候韻 - - - - 去声 怪韻 - - - -
入声 覺韻 入声 夬韻 - - -
精母 清母 從母 心母
三等A 平声 虞韻 𡸨 -
上声 麌韻 -
去声 遇韻
入声 燭韻 -
莊母 初母 崇母 生母 莊母 初母 崇母 生母
三等B 平声 虞韻 平声 尤韻
上声 麌韻 - - 𧱛 上声 有韻 𧌗 𩋄 𥣙
(澄母:
去声 遇韻 - - 去声 宥韻
(澄母:
入声 燭韻 入声 屋韻 -

意義編集

  1. とる
    • 対義字:

日本語編集

発音(?)編集

熟語編集

中国語編集

*

動詞編集

  1. 採用する

熟語編集

朝鮮語編集

*

熟語編集

ベトナム語編集

*

コード等編集

点字編集