古典日本語編集

語源編集

形容詞編集

かはゆしゆし】

  1. 恥ずかしい面映ゆい
    • おのづから、人のさる事やなどいふには、いたく思ふままのことかはゆくもおぼえて、少少をぞ書きて見せし(『右京大夫集』)
  2. 隣むべきだ。いとおしい可哀そうだ。愍然だ。
    • 上人是を見給ひて、日比ひごろは音にこそ聞きつるに、今まのあたり斯るかはゆき事を見る事よとて、落つる涙に墨染の袖白妙にこそ絞りけれ(『源平盛衰記』)
    • 山伏是を聞いて、我此人を助けずば、唯今の程に、かはゆき目を見るべしと思ひければ(『太平記』)
  3. 愛らしい可愛らしい可愛い
    • そなたの為には孫ではおぢゃらぬか、母を尋ぬるが、かはゆうはおぢゃらぬか(『狂言記』)
  4. 小さくて美しい

活用

ク型活用
かはゆ-し

派生語編集

諸言語への影響編集