日本語編集

名詞編集

 
遊技用さいころ

さいころころ、賽子骰子

  1. 放り投げて、無作為な数値を得ることのできる用具。象牙化学樹脂などでできた小さい立方体で、その各面に、反対側の面との合計が七になるように一から六までの点を記したものが、一般的である。他の形状でも、乱数を発生させるため、通常は正多面体または双対多面体のものが普通である。

類義語編集

翻訳編集