日本語編集

語源編集

古典日本語しかしながら」 < 副詞「しか」(然) + 動詞「」の連用形 + 接続助詞「ながら

発音編集

し↗かしな↘がら

接続詞編集

しかしながらら、し乍ら】

  1. しかし」の強調表現。

古典日本語編集

語源編集

副詞「しか」(然) + 動詞「」の連用形 + 接続助詞「ながら

副詞編集

しかしながらしながら】

  1. 全部すべて。そのまますっかり
  2. つまりすなわち。結局

接続詞編集

しかしながらしながら】

  1. でもしかし。しかしながら。

諸言語への影響編集