日本語編集

名詞編集

ぜんしゃ

 
全射となっている写像の例。
 
全射となっていない写像の例。4 が対応付けされていない。
  1. (集合論) 終域の全ての要素始域の要素と対応付けされている写像。終域の各要素をとするような一つあるいは複数の始域の要素が存在する写像。始域の集合A とし、終域の集合を B とするとき、写像 f: AB が全射であれば、B の任意の要素 bB に対して f(a) = b を満たす aA が存在する。

語源編集

関連語編集

翻訳編集

編集

  1. 杉浦光夫、1980、『解析入門Ⅰ』初版、 396項、東京大学出版会 ISBN 4-13-062005-3