日本語編集

名詞編集

うんか,

  1. を小さくした様な姿をした昆虫で、体長は5mmほど、淡い黄褐色をしており、透明長いを持つ。年に4~5回程度発生し、を好んで食べ、幼虫成虫も主に稲の根もとに群れて生息する。口先に挿して汁液を吸い稲を枯らしたり発育を悪くするので、大発生すると米の収穫に大きな打撃となる。秋の季語。ヨコバイ亜目ウンカ科。

語源編集

  • ときに大繁殖した群れが集団で飛ぶ様子が「雲霞(うんか)のごとく」見えるところからこの名がついたとも云う

同義語編集

同音異義語編集

うんか