日本語編集

形容詞編集

きいろいい】

  1. 色彩として、黄色きいろ帯びている様。
  2. (比喩)声などが若く甲高い様。
    • 黄色い声援
    • その上祐天がちっとも愚鈍らしくない。いやに色気があって、そうして黄色い声を出す。のみならずむやみに泣いて愚痴ばかり並べている。(夏目漱石 『明治座の所感を虚子君に問れて』)

活用編集

関連語編集

翻訳編集

(色彩として黄色)