同音の漢字については、 Wiktionary:漢字索引 音訓 は#バ を参照。
ば 教科書体

日本語編集

発音編集

名詞編集

  1. 一定持っ平面空間
    1. (物理学) 空間おけるある領域ある量与えられいる状態[1]
  2. 物事起こっいるところ場所

語源編集

使用例編集

語義1.1: 《物理学》

関連語編集

派生語:

翻訳編集

語義1:

語義2:

助詞編集

  1. 接続助詞
    1. 用言仮定形に接続し、仮定条件による順接を表す。
      • 雨が降れば、明日の試合は中止になります。
      • 行きたければ行くべきです。
    2. 用言の仮定形に接続し、確定条件を表す。した以上は。したからには。しては。
      • そうと決まればすぐに出かけよう。
    3. 用言の仮定形に接続し、気づくきっかけになる行為を表す。したところ。したときに。すると。
      • 誰かと思えば、昔の同級生だった。
      (以上の用法では、「」の仮定形「なら」及び「」の仮定形「たら」に後続する場合、「ば」を省略することが多い。)
    4. 用言の仮定形に接続し、同類の事柄や対照的な事柄の並列を表す。
      • 家でも遊べば外でも遊ぶ。
      • 静かにしている人もいれば騒いでいる人もいる。
  2. 終助詞
    1. 用言の仮定形に接続し、投げやりな感じの軽い命令や提案を表す。
      • そろそろ帰れば?
    2. 用言の仮定形に接続し、願望を表す。「すればいい」の略。
      • これからもこの調子でやっていければと思います。
      • 高すぎて買えない。もっと安ければな。
    3. 用言の仮定形に接続し、反実仮想や後悔の気持ちなどを表す。「すればよかった」の略。
      • あのとき余計なことを言わなければ、と思うがもう遅い。
  3. 格助詞
    1. (九州方言)「」。をばに由来する。
      • 白かつばはいよ。(白いのを下さい)

接尾辞編集

  1. 及びうさぎの頭数を表す助数詞「」の撥音のあとの音。
    • 三羽(さんば)

国頭語編集

助詞編集

  1. (接続助詞)用言の未然形に接続し、仮定条件を表す。
  2. (接続助詞)用言の已然形に接続し、確定条件を表す。
  3. (格助詞)〜

古典日本語編集

助詞編集

  1. 接続助詞
    1. 用言の未然形に接続し、仮定条件による順接(もし~すれば)を表す。
    2. 用言の已然形に接続し、既定条件による原因・理由(~するので、~するから)、逆接(~するのに)、または事柄の起こる場合(~すると、漢文訓読に多い)を表す。
      • (2の用法では上代には已然形のみで「ば」を用いない例もある。)

文字コード編集

脚注編集