日本語編集

名詞:沼編集

ぬま

  1. 陸地に囲まれた水域のうち、規模の小さいもの。
    • 規模の大きいものを、みずうみと呼称するが、その境目は明確でない。陸水学においては、沿岸植物が生育できない5m以上の深い湖盆をもつものを湖と定義しており、それより小さいものを又はいけとしている。池との差異はさらに明確ではないが、天然のものについて、池と言うことはほとんど無く、と称する。
  2. (比喩) 没入して抜け出せない趣味世界

関連語編集

翻訳編集

古典日本語編集

名詞:要編集

ぬま

  1. 要害要塞
  2. 大切なこと。要点