ウィクショナリーにようこそ!編集

こんにちは、ジダネさん、はじめまして。Ninomy - chatと申します。ウィクショナリーへようこそ。

 ウィクショナリーで活動する際にはFAQおよびスタイルマニュアルを是非ご一読ください。きっとご参考になるものと思います。
 お隣の利用者ページは、ご自身の自己紹介の他、作業用のスペースなどとして利用することができます。
 執筆の際には中立的な観点および著作権にご留意ください。
30px新しいページは新規記事作成のページから作成することができます。また、その際には編集方針に沿った投稿をお願いします。
 何か疑問点がありましたらWiktionary:編集室で質問することができます。
 編集ボタンの隣の「ノートページ」には、その記事に対する自分の意見や主張を書き込むことができます。質問・コメントする際には、「誰」が「いつ」書いたかということがわかるように、最後に をクリックし署名していただけるようお願い申し上げます。

Welcome to Japanese Wiktionary. Thank you for your contributions! If you don't prefer to use Japanese, and when looking for further information, feel free to visit Wiktionary:Sabo. Enjoy!

あなたが実り多き活動をされることを楽しみにしております。

なお、このメッセージは主に利用者‐会話ページに何も記入されていない方に投稿しております。ジダネさんが、すでに活動を開始されてから期間が経っていらっしゃるのでしたら、ご存知のことばかりをご案内したかもしれません。不明をお詫び申し上げます。--Ninomy - chat 2007年2月25日 (日) 10:03 (UTC)

カテゴリ編集

せめてカテゴリつけて頂けません?--Kuty 2007年4月7日 (土) 08:11 (UTC)

カテゴリをつけろっていうことが分かりません?--Kuty 2007年4月7日 (土) 08:15 (UTC)

辞書の記事を書くということ編集

はじめまして、Mtodoといいます。ここで管理人をやっているのですが、いささか、似ていることが続出して疲れているため、過去に書いたものを、一部改変し、ご案内に替えたいと思います。

Wiktionaryに興味を持って、新たな記事を一生懸命追加されていることは、大変すばらしいことだとは思いますが、多少苦言を。

Wiktionaryは、辞書としてはまだまだ語彙数も少なく、基礎的な語すらも掲載されていないケースも多いなど、辞書の機能としては、まだまだ不足しています。しかしながら、これは、これまでのライターが手を抜いていたわけではなく、基礎的な語ほど、情報量が豊富なため、それを定義したり、他の語との関連を記述することが難しいからです。これは、年齢を重ねてないとなかなか理解できるものではなく、残念ながら、ジダネさんの年齢ではぴんとこないことかもしれません。その結果、ジダネさんの記事は、単なる言い換え(特に、漢語を和語に言い換えたもの)に過ぎないように見受けられ、また、外国語の知識も付加されていないようなので、いわゆる「スタブ」と判断をせざるをえないものが量産されている印象を持ってしまいます。

「Wikipediaに参加するには、その物事について知識を持っておく必要があるが、Wiktionaryは、日常の意味を知っているから簡単だ」という認識をお持ちであるならば、早急に改めるべきです。語彙の定義をするのであれば、その語彙についての周辺知識を含めた深い洞察が必要で、さらにそれを簡潔に表現する表現力が必要です。

手短にいうと。ジダネさんのやっていることは、徒に単語帳レベルの記事を増やす「粗製乱造」に他ならないようにみえます。数がただ多いだけなら、無料の電子辞書提供もあるわけなので、質なり特徴にこだわるべきとかんがえます。以下に、2年ほど前にあなたと同様のことをした英国人との会話を引用するので、これをよく読んで理解していただきたい。せめて、あなたの書いた程度の記事は、「stub」とする謙虚さが欲しいものと考えます。

I don't know what everyone's problem is. OK, so my articles are not very good, and badly formatted, but they are better then nothing and can be easily improved at a latter date. At present the Japanese Wiktionary is of little use to anyone because of the lack of articles. The articles you write may be of high standard, but there are too few of them. I am hoping that by quickly increasing the number of articles, the Japanese Wiktionary will start to be used as a dictionary by other people who will improve on my work. Afterall, that's the idea behind letting anyone edit Wikipedia and Wiktionary.

Welcome to Japanese Wiktionary.
We understand you are trying to contribute Japanese Wiktionary, but not a few writers are embarrassed by amount of new stubs.
Please imagine why we would not have increased articles whenever we could do so. I think it is caused by the personality of Japanese people. Most of Japanese people prefer Quality to Quantity. When a Japanese Wiktionary writer finds an incomplete article, he cannot help improving it. But because there are not so many active writers now, we feel bothersome. Therefore we hesitate to write familiar words, e.g. Japanese words, Kanji (Chinese characters). English is the most popular foreign language in Japan, so a lot of Japanese people know the meanings of basic English words. We do not think that we have to make an article only with an equivalent, but we want more information for example, example sentences, usages, etymologies, translations of other languages, and we are glad to see such articles. On the other hand, about unfamiliar language like Irish, it is fun for us to see an article even only with an equivalent because we have seldom seen them,
It is very honorable for us that you are interested in Japanese culture and trying to contribute our activity, but I hope that you will make efforts to enrich your articles or to introduce new words for us (e.g. Irish terms). I would like you to understand what I think.
Please forgive me my poor English Writing ability. Thank you
OK. I did not think other people would be so embarrassed by short articles. The Japanese way of thinking is very different to our own. On the English Wikipedia, short articles are encouraged as the starting point for a great article. I can not write very good Japanese (I can't even write very good English, see underware) so I can't make the articles any longer. Also I don't know any Irish, the Irish words I added I got from the English Wiktionary, so I can't add many of them. I do not wish to cause trouble; I hoped my articles would be improved by many people and not just 3 people completely rewriting them, so I will leave. I am sorry for the trouble caused, I thought I was helping, and I wish you GOOD LUCK and future success!

誤解されると困るのですが、これは何も投稿するなというものではありません。いいたいことは、特に基礎的な語の記述をするのであれば、単なる言い換え等でないように、よく内容を吟味していただきたいということです。--Mtodo 2007年4月7日 (土) 08:25 (UTC)