日本語編集

名詞編集

(じゅうにきゅう)

  1. 〔占星術〕 黄道十二宮のこと。獣帯を30度ずつ12等分したその各々の区域。かつてその各区域に対応していた星座に基づく名前が付けられている。黄道座標に基づく惑星の位置表示ならびにアスペクト(惑星間の相対的な位置関係)を示すために使われる。
  2. 〔天文学〕《廃語》 黄道十二宮に基づいて天球を12等分したもの。黄道座標に基づく恒星の位置表示に使われた。

翻訳編集

関連語編集

日本語の黄道十二宮
白羊宮 金牛宮 双児宮 巨蟹宮 獅子宮 処女宮 天秤宮 天蝎宮 人馬宮 磨羯宮 宝瓶宮 双魚宮