日本語編集

名詞編集

 かいてん

  1. 世の中情勢一変させること。もっぱら、劣勢挽回することを指していう。
    • しかるに、我明治維新当時の大政治家連中は、過去には回天の事業を仕遂げた経験があり、現在にはかつて夢想だもせざりし泰西の文化を観、将来には条約改正の必要があったので、一挙して能く彼の文物制度を我邦に移植することが出来るものと信じていたようである。(穂積陳重法窓夜話』1916年)

発音(?)編集

か↗いてんか↘いてん

関連語編集

固有名詞編集

 
回天(固有名詞)

 かいてん

  1. 大日本帝国海軍太平洋戦争時に開発し、実戦投入した、人間魚雷の一種。
    • 山の中に逃げ込むとしても、幅の薄い山なみで逃げ終せそうにもない。ことに、此処は水上特攻基地だから、震洋艇か回天が再び還らぬ出発をした後は、もはや任務は無い筈であった。小銃すら持たない部隊員たちに、その時どんな命令が出るのだろう。(梅崎春生桜島』1946年)

発音(?)編集

か↘いてん


朝鮮語編集

名詞編集

回天회천

  1. 世の中の情勢を一変させること。

中国語編集

名詞編集

回天 (ピンイン: huítiān)

  1. 世の中の情勢を一変させること。