漢字編集

字源編集

  • の略体(>𥂁、鎌倉時代にはあったもの?[1] )。「鹽」は「」(地表に結晶した塩類)+音符「」。

意義編集

  1. しお
  2. 化合物

日本語編集

フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。

発音(?)編集

名詞編集

  1. (しお)塩化ナトリウムを主成分とする、調味料のひとつ。食塩
  2. (エン)水素原子を金属等の陽イオンで置き換えたもの。

翻訳編集

語義1:しお参照

語義2:多くは語義1と同じ。

熟語編集

コード等編集

点字編集

出典編集

  1. 吉田兼好『徒然草』第136段
    医師篤成、故法皇の御前に候ひて、供御の参りけるに、「今参り侍る供御の色々を、文字も功能も尋ね下されて、そらに申し侍らば、本草に御覧じ合はせられ侍れかし。一つも申し誤り侍らじ」と申しける時しも、六条故内府参り給ひて、「有房、ついでに物習ひ侍らん」とて、「先づ、『しほ』といふ文字は、いづれの偏にか侍らん」と問はれたりけるに、「土偏に候ふ」と申したりければ、「才の程、既にあらはれにたり。今はさばかりにて候へ。ゆかしき所なし」と申されけるに、どよみに成りて、罷り出でにけり。