日本語編集

慣用句編集

大船乗る(オオブネにノる)

  1. 頼りになる人にすべて任せて、大いに安心すること。
    • そういうことならもう大丈夫明日といわず今日じゅうに、かならず真の下手人の当りをつけてごらんに入れますから、大船に乗ったつもりでいらしてください。(久生十蘭『顎十郎捕物帳』)

語源編集