ng'aragu ndĩhoyagwo ũhoro

キクユ語編集

異表記・別形編集

  • ng'aragu ndĩhooyagwo ũhoro[1]
  • ng'aragu ndihoyaguo uhoro[2]
  • ng'aragu ndihoyagwo uhoro[3][4]

訳例編集

  • 「飢えに議論は要求されない」[5]
  • 「飢えには問答無用」[6]
  • 「飢えは挨拶など知らない」[2]

ことわざ編集

ng'aragu ndĩhoyagwo ũhoro

  1. 飢えている人に何が欲しいかを訊く前に、まずはその人に食べ物与えることが先決であり、それからである[3]
  2. 飢えている人から何か情報得られることを期待するなら、まずはその人に食べ物をあたえることが先決であり、話はそれからである[4]

脚注編集

  1. Kinoti, Hannah Wangeci (2010). African Ethics: Gĩkũyũ Traditonal Morality.
  2. 2.0 2.1 Gĩchũmbi, Ng'ang'a (2008). Archibishop John Njenga, p. 81. Paulines Publications Africa.
  3. 3.0 3.1 Likimani, Muthoni G. (2005). Fight Without Ceasing, p. 254. Noni's Publicity.
  4. 4.0 4.1 Njoroge, Mwaura and Shel Arensen (1996). Against the Traditions, p. 16. Kesho Publications.
  5. Wanjohi, G. J. (2001). Under One Roof: Gĩkũyũ Proverbs Consolidated, p. 107. Paulines Publications Africa.
  6. 「Ngaragu ndihoyagwo uhoro」杜, 由木『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、2015年。 ISBN 978-4-86223-828-3