漢字編集

字源編集

  • 会意。古形は「(大型の針状の刃物)」+「くい)」で目印をつけること。他と区別して目立つ、明確になるなどの意を有する。後の意義「粘土」は音を仮借したものか。
   

 

 

 
甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

派生字編集

「目立った」などの意を持つ派生漢字。

  • :目立つ旗、のぼり
  • :かがり火、又はそれがさかんに燃える様。
  • :くい
  • :耳で聞いて聞き分け、よく理解している仕事。
  • :糸を組んで、折り目を目立たせる。
  • :言葉を明確にし、よく理解する。

意義編集

  1. 人が集まること。
  2. 粘土
    • 同義字:「

日本語編集

発音編集

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

コード等編集