日本語編集

成句編集

には(別表現:目には目をには

  1. 害を受けたら、それと同等の害を加害者に与えるべきこと。同害報復

出典編集

ハンムラビ法典には見られる、中東の古い法諺。以下の通り、聖書に残り、現代まで広く知られる。

  • しかし、ほかの害がある時は、命には命、目には目、歯には歯、手には手、足には足、焼き傷には焼き傷、傷には傷、打ち傷には打ち傷をもって償わなければならない。(『旧約聖書・出エジプト記』第21章第24-26節)
  • 『目には目を、歯には歯を』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい。(『新約聖書・マタイによる福音書』第5章第39-40節)

類義語編集

対義句編集

翻訳編集