メインメニューを開く

漢字編集

字源編集

   

   

 

 
甲骨文字 金文

簡牘文字 古文

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. (目で見ることで)物事を行う
  2. 大事なところ、またはそれを注視する
  3. 条文などの分類。また分類すること。
  4. 書き並べた一覧や記録
  5. 区切り
  6. (物を測るための)しるし
  7. すじ
  8. 順序を表す言葉
    • 一人目、二枚目
  9. 碁盤の目のこと

日本語編集

読み編集

名詞編集

  1. 視覚をつかさどる感覚器。
  2. ) 1.に似た形状のもの。
  3. )動詞の連用形に付いて、そのような状態にあることを示す。
    • 憂き
    • ひどいにあった。
  4. モク)生物の分類のひとつ。-----()--()-
  5. さかん 歴史)律令四等官制下における国司の第4官。

翻訳編集

感覚器についての訳語は「」を参照。

動詞編集

する(モク-す、モク-する サ変動詞)

  1. モクみなす判断する。
  2. モク評価する。みとめる
  3. モク嘱望する。注目する。

接尾辞編集

  1. )順番を表す。
    • 一つ。二番
  2. )形容詞の語幹に付いて、そのような性質や傾向を持つことを示す。
    • 。長
  3. モク助数詞碁石を数える時に用い、しばしば、囲碁の進行を表す。

用法編集

順番を表すは、必ず助数詞の後に付ける。特に助数詞が無い場合はを用いる。は話者が任意に考えた順番を示し、はあらかじめ決まっている順番を表す。
  • 一行
  • 一行。
  • 下から三行
  • ×下から第三。 (誤り)

翻訳編集

熟語編集

中国語編集

朝鮮語編集

ベトナム語編集

*


コード等編集

点字編集

字典番号編集

  • 康熙字典: 0798.250
  • 諸橋大漢和(日本): 23105
  • 大字源(韓国): 1213.210
  • 漢語大字典(中国): 42467.010