日本語編集

同音異義語編集

かひ


古典日本語編集

名詞:貝編集

かひ

  1. かい

発音編集

二拍名詞三類

平安時代編集
↘かふぃ
南北朝時代以降編集
か↘い

名詞:卵編集

かひ

  1. かい

名詞:甲斐編集

かひ甲斐

  1. あることをやって、それに応じた対価。
    • それを見給ひて、「あな、かひなのわざや。」と宣ひけるよりぞ、思ふに違ふことをば「かひなし」といひける。
      (石上の中納言が)それ(手には子安貝が無く燕の糞しかなかった)をみて、「ああ、貝がないのであるな」と仰ったときから、思い通りにいかないことを「甲斐無し」というようになった(『竹取物語』)。

語源編集

  • 交換し対価を得る(代える)を意味する「ふ」の連用形名詞化。

名詞:峡編集

かひ

  1. 山間

名詞:匙編集

かひ

  1. さじしゃもじ

名詞:梭編集

かひ

  1. 織機の部品の一つ。シャトル

名詞:穎編集

かひ【「かび」とも 

  1. 稲穂

接尾辞編集

かひひ】

  1. 物と物が交差する事。また、その場所。

派生語編集