日本語編集

ことわざ編集

(こういんやのごとし)

  1. 月日過ぎるのはのように速い事の例え。
    • 維新の頃より今日に至るまで、諸藩の有様は現に今人目撃するところにして、これを記すはほとんど無益なるに似たれども、光陰矢のごとく、今より五十年を過ぎ、顧て明治前後日本の藩情如何詮索せんと欲するも、茫乎としてこれを求るに難きものあるべし。(福沢諭吉 『旧藩情』)

翻訳編集

その他の用例編集

  • 光陰如箭夏過半。(『景徳傳燈録』巻第三)
  • 秋來庭下,光陰如箭,似無言,有意傷儂。(蘇軾)
  • 日月過箭疾。公今未有田,把筆耕六籍。(黄山谷)
  • 光陰如箭如流水。散亂全因缺定門。(『定慧相資歌』)
  • 古詩曰。四時更代謝。日月遞差馳。蓋言歳月之易一レ過也。況到暮齢光陰如征箭、時節如流水。衰残之軀。取楽之工夫。須一日十日。以一月一年。若不然。縦雖幸天假百年白駒過一レ隙耳。残喘須臾之際。苟徒爾而終身。雖悔恨噬一レ臍。何益之有。 (『慎思錄』巻之二)
  • 古語に、光陰箭の如く、時節流るゝが如し。又曰、光陰惜むべし、是を流水に譬ふと云へり。月日のはやき事、年々にまさる。一度行きて帰らざる事、流水の如し。今年の今日の今時、再帰らず。なす事なくて、等閑に月日を送るは、身をいたづらになすなり。惜むべし。大禹は聖人なりしだに、猶寸陰を惜み給へり、況や末世の凡人をや。聖人は尺璧を尊ばずして、寸陰を惜むとも云へり。少年の時は、記性強くして、中年以後数日に覚ゆる事を、唯一日半日にも覚えて、身を終るまで忘れず。一生の宝となる。年老いて後悔なからんことを思ひ、小児の時、時日を惜みて、いさみ勤むべし。かようにせば、後悔なかるべし。 (『和俗童子訓 巻三』)

関連語編集

外部リンク編集