漢字編集

字源編集

  • 象形。十字の茎に「丶(実)」が点々とついた様、「(穀物であることを強調)」の原字。字源としては「」に似るが、点を欠くことにより豊穣さを落としたものか。
  

   

  

 
甲骨文字

簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

派生字編集

ねばる」「へばりつく」「ながくつづく」の意を持つ会意兼形声文字

  • :心がへばりついて離れない→おそれる
  • :
  • :あるものに添って行く→「のびる」「のべる」。
  • :ある道(「行」)にへばりついて取得する。→「わざ」。
  • :
  • :長い金属→「はり」。

意義編集

  1. もちあわ
  2. (中国)「」の簡体字。

日本語編集

発音編集

熟語: 日本語編集

中国語編集

*

  • 」の簡体字に当てる。異形「」。

熟語: 中国語編集

朝鮮語編集

*

熟語: 朝鮮語編集

コード等編集