漢字編集

字源編集

  • 「犬」+音符「」の形声文字、『爾雅』の註に、後漢の順帝(在位125年 - 144年)のとき疎勒(タリム盆地西部、現在のカシュガル市)の王がこれを献じたとあり、『後漢書』には「師子」の表現となっている。現地音(ペルシア語:شیر (šir))によるものか。『説文解字』(西暦100年前後成立)への掲載はないが、西暦200年頃成立した『漢紀』には見られる。

意義編集

  1. (「獅子」等複合した形で)ライオン

日本語編集

発音(?)編集

熟語編集


中国語編集

*

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


ベトナム語編集

*


コード等編集