漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「金」+音符「監」、「監」は「」+「」であり、「臥」は「(目を伏せた様)」+「」でうつぶせに伏せること、「」に張った水を見下ろしかがみとすることを意味、後世「かがみ」に金属を用いるようになり、「金」を副える、または、「皿」に換え「金」を置く。

意義編集

  1. かがみ
  2. 「かがみ」のように見て手本とするもの。模範。
  3. かんがみる。手本と照らし合わせる。見分ける。

日本語編集

発音(?)編集

熟語編集


中国語編集

*

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


コード等編集