有耶無耶

うやむやから転送)

日本語編集

形容動詞編集

(うやむや)

  1. 曖昧ではっきりとしていない様子。
    • 生きてあらんほどの自覚に、生きて受くべき有耶無耶を捨てたるは、雲のを出で、空の朝な夕なを変わると同じく、すべての拘泥を超絶したる活気である。(夏目漱石虞美人草』)
    • 結局、若者たちと太田の話し合いはうやむやに終わってしまった。(澤西祐典『湯けむり』)

活用

ダ型活用
有耶無耶-だ

語源編集

  • もやもや」などと同様のオノマトペに対する当て字か。漢文の「有りか無しか」の音読という説は付会と考えられる。