日本語編集

名詞編集

きゅうりキュウリ (稀・古用) 

  1. ウリキュウリつる性一年草学名Cucumis sativus
  2. 食用にする上記の果実。夏の代表的な野菜で、季語。熟すと黄色くなる。細長い円柱形で、未熟な青いうちに生食し、また漬物の材料として一般的である。
    • 蝦、鰒(ふぐ)類、うなぎ、肉類、新鮮な野菜(特に、うど、セレリー、チサ、若いなま胡瓜、よい玉葱)(宮本百合子「婦人画報」1924年)

発音(?)編集

きゅ↘ーり

語源編集

  • 木瓜」または「黄瓜」の訓読みである「きうり」がなまったものか。

翻訳編集

諸言語への影響編集

同音異義語編集

きゅうり