日本語編集

語源編集

古典日本語「たくはふ

動詞編集

たくわえるえる・える】

  1. (他動詞) 【蓄・貯】 知識などをいつでも発揮できるように身に付ける
    • その前に十分の準備をして概念的に予備知識を貯えて置くことはもちろん必要であり、それを後で修正したり補足したりして確実な知識に作り上げることも怠ってはならない。(野上豊一郎「パラティーノ」)〔1941年〕[1]
  2. (他動詞) 【蓄・貯】金銭物品などを将来のために集めておく。
    • 彼は計画どおり三カ月の糧を蓄えて上京したけれども、坐してこれを食らう男ではなかった。(国木田独歩「非凡なる凡人」)〔1906年〕[2]
    • 冬のうちに、それをトラック一杯運んできて、これも低温室の中に貯えておく。(中谷宇吉郎「ウィネッカの冬」)〔1955年〕[3]
  3. (他動詞) 【蓄】 ひげ生やす
    • 髪を蓄えておけば官兵に殺される、辮子を付けておけば長髪賊に殺される。(魯迅「頭髪の故事」)〔井上紅梅訳1932年〕[4]
    • こないだの朝、私が眼をさますと、枕もとの鏡付の洗面台で、父は久しい間に蓄えた髭を剃り落としていた。(渡辺温「父を失う話」)〔1929年〕[5]

活用編集

たくわ-える 動詞活用表日本語の活用
ア行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
たくわ える える えれ えろ
えよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 たくわえない 未然形 + ない
意志・勧誘 たくわえよう 未然形 + よう
丁寧 たくわえます 連用形 + ます
過去・完了・状態 たくわえた 連用形 +
言い切り たくわえる 終止形のみ
名詞化 たくわえること 連体形 + こと
仮定条件 たくわえれば 仮定形 +
命令 たくわえろ
たくわえよ
命令形のみ

発音編集

東京アクセント編集
た↗くわ↘える
た↗くわえ↘る
京阪アクセント編集
たくわえ↗る

関連語編集

編集

  1. 青空文庫(2006年7月26日作成)(底本:「世界紀行文学全集 第六巻 イタリア、スイス編」修道社、1959年10月20日)https://www.aozora.gr.jp/cards/000963/files/43100_23925.html 2020年5月22日参照。
  2. 青空文庫(1999年9月1日公開、2004年5月25日修正)(底本:「日本文学全集12 国木田独歩 石川啄木集」集英社、1972年10月7日初版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000038/files/324_15711.html 2020年5月22日参照。
  3. 青空文庫(2015年5月25日作成)(底本:「中谷宇吉郎紀行集 アラスカの氷河」岩波文庫、岩波書店、2011年12月16日第3刷発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/001569/files/56733_57082.html 2020年5月22日参照。
  4. 青空文庫(2008年5月21日作成)(底本:「魯迅全集」改造社、1932年11月18日発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/001124/files/43021_31644.html 2020年5月22日参照。
  5. 青空文庫(1999年7月28日公開、2007年12月20日修正)(底本:「アンドロギュノスの裔」薔薇十字社、1970年9月1日初版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000020/files/229_29038.html 2020年5月22日参照。